ホーム断捨離や片付けの気持ち ≫ 和室の片付け。毎日捨てる話ばっかり。「銭失い」にならないための方法とは?

和室の片付け。毎日捨てる話ばっかり。「銭失い」にならないための方法とは?


和室の一画を片付けました。その結果、春先に買ったばかりのモノを捨てることにしました。

捨てない事には片付かない、というのは経験上分かっています。

ですが、買ってロクに使っていないのに捨てるものがあると、正直「お金、もったいなかったな」と思います。思って当然ですよね。

今日は、なぜ「銭失い」の買い物をしてしまうのか、理由を考えます。

スポンサーリンク

片付けたのは、ミシンを使いたかったから。ミシンは和室の一画に置いています。捨てようかどうしようか迷っていました。ですが、直して使っています。

この時のバッグも足踏みミシンで作っています。→片付けられない女、バッグの中身の断捨離に初挑戦。詰め込んでいたモノを検証。


和室片付けビフォー20171106
今回もバッグを縫いたかったのにこのありさま。夏の間に道の駅の直売所に、少しだけ出荷したので、その時のパッケージがそのまま。
20171106和室片付け移動
左の赤い袋は、散らかっているモノを紙袋に入れてしまうという悪癖のために本などを入れているモノ。分けてしまいます。
パッケージ類は・・・しまう場所を作らなくては。

でアフターはこちら。
和室片付けアフター20171106
スッキリして作業ができるようになりました。

捨てるもの。

和室片付け捨てる20171106
夫がつくった木製の物入れ、長押に引っ掛けて使う「物掛け」、靴下、自分で作ったクラフトテープのカゴ。

物入れはどうするか、夫に聞いてみます。「物掛け」は長い間お世話になったけれど不要になったので捨てます。これは長く使ったので「銭失い」ではありませんでした。

クラフトテープのカゴも、作った時点でほぼ満足だったのに無理やり使っていた感があるので、ここでお別れです。クラフトテープはほとんど捨てました。→趣味のものの断捨離。シニアになって実感、身体は一つ、時間は有限、だったらどうする?

今日の問題は「靴下」。五足組○○円で春先に買ったものです。

農作業の時、長靴を履きますが、そのとき用に買いました。長靴をはくと大抵は靴下が真っ黒になってしまうのです。黒い靴下なら気にならないだろうと思ったのでした。

ですが、この靴下、床を歩くとツルツルと滑ってとても危険なのです。長靴用ではありますが、長靴をはく時だけこれに履き替える、というのはあまりにも手間です。従って家の中を歩くこともあるわけで、安全性を考えてはかないことにしたのです。

なぜ銭失いの買い物をしてしまったのか?

理由は三つあります。

1 洗い替えもいるし五足なら安いと思った。

2 通販で買ったため、現物を確かめなかった。

3 安いから失敗してもいいや、と思った。

2と3の理由で、ほとんど着ていない服も捨てています。→服の断捨離。服を捨てたい、でももったいない、捨てられない。そんな時に効果的な言葉3選。

どうするか?

1 もう言われつくしていることですが、「〇個組○○円でお買い得」は止めること。

2 通販で買う時は、品質表示などをよく確かめること。というか、サイズ感や素材感がわからないと困るものは通販で買うな、ということ。

3 安いものを気楽に買うのは止めること。捨ててしまったものの金額を思うと、品質の良いものが買えたはずだと自分に言い聞かせること。

失敗もまたよし、か?

今まで、失敗もしかたない、これも次へのステップだ、と思ってきました。ですが、これって「自分へのご褒美」と言って、必要でもないモノを買うのと同じなんではないか?と感じます。

たとえ一つひとつの金額は少なくても、度重なれば大きくなります。必要だと思って買っても、使えないのなら、必要でないモノを買ったのと同じことですよね。

こうやって毎日毎日捨てていると、さすがに手に入れるときにはもっと考えなくては、と思うようになりました。

ホント、相変わらず気が付くのが遅いなぁ。パジャマは気を付けて買わなくては。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

海子さま

私は、片付けも考え方も、行きつ戻りつでなかなか思い通りにいっていません。それをそのままブログに書いているので、人様に向けて書いているように見えても、ほとんどが自分に言い聞かせている言葉と言えます。こうしてコメントをしていただけると、自分以外にも同じように思っている人がいるんだと、心強いです。

また感じたことがあったらコメントをお願いします。本当に励みになります。ありがとうございました。

さくら60 | 2017.11.09 09:29 | URL


ハッとしました。体は一つ、時間は有限。そう…そうなのですよね。ずっとずっと生きていられるような気がしているけれど命には期限があるのですよね。なんだか目を覚まされた感じです。のんびりまったり片付けしていたけど明日から本腰いれてみようかな。私は今55歳。残った時間はそう多くはありません。後半いつ幕が落ちるかわからない。なんか吹っ切れたかもです。

いつもパワーが出る言葉感謝です!

海子 | 2017.11.08 21:57 | URL[ 編集 ]














管理者にだけ表示