ホーム断捨離や片付けの気持ち ≫ ワナに注意、収納術は蜜の味。収納ケースを置いたり棚を作ってはいけない理由。

ワナに注意、収納術は蜜の味。収納ケースを置いたり棚を作ってはいけない理由。


収納付きのベッドを探していませんか?収納ケースを買おうとしていませんか?家具と壁の隙間にを付けて「これでモノが収納できる、なんてすごいアイディアだ」と嬉しくなっていませんか?

「ああ、ここにケースを収められる空間がある」「ここには棚が付けられるよね」と、モノが収まりきらなくなったときに考えますよね。

いわゆる収納術です。カゴやケースを使ってきれいにモノが収まっている様子を想像して、よし、これで汚部屋が脱出できるぞ、と意気込みます。

でも、待ってください。

汚部屋脱出のために四苦八苦してきた経験から、「収納術」というのはワナへと誘う蜜の味だと思うからです。

理由を説明します。

スポンサーリンク

もともとある収納にモノが収まらなくなったとき、さくら60は雑誌などを参考に収納できる場所を物色しました。

本棚を背中合わせに置いて、両側から使えるようにしたときには、私って天才!と感動しました。
シニアにとってこれを捨てるのは難しい?息子たちが小さかった頃の本を断捨離(画像あり)

壁一面に棚を付けてもらってあふれている本を収めたときには、これでもう散らからない、と胸をなでおろしました。
「断捨離は引き算」を実践。どんどん片付いていくのはやっぱり楽しい
ベッドの下の空間に目を付けたときもそうです。

夫が作ったダブルベッドの下には広びろとしています。そこにキャスター付きの箱を入れれば、しまいきれなくなった本がたくさん入るじゃないか、と気が付いたのです。
20170423収納術。ベッド
(↑これは本日の画像です。西日が当たっています。)

さらに箱として使わなくなった子供用の整理ダンスの引き出しを使えば、一石二鳥。さらに引出しがなくなったタンス本体は、棚としてモノが入れられる。

こんなに素晴らしいアイディアは誰にも思いつかないんじゃないの?と、もう嬉しくて仕方ありませんでした。
ベッドは収納がついていますか?ベッドの下の片付けでシンプルライフをめざす。

ですが、結果として棚や箱に収めたものはほぼすべて捨てることになったのです。

収納術は甘い蜜をもって、私たちを罠にはめ、「心地よく過ごせる」という状況から遠ざけるのです。

罠を二つ、説明します。

収納術のワナ、その1

「モノがたくさん収められる。これで散らかっているのが片付くよ」と思い込ませます。

モノを捨てるという発想がない時、つまりモノは捨ててはいけないと思い込んでいる時には、モノはしまい込むしかありません。

「今までこんなにもたくさんのモノを手に入れてきてしまった。だけどしまっておけばもったいなくないよね、ちゃんとしまってあるんだから。」

片付けられない罪悪感を、収納術は軽減してくれます。「しまっておくんだから、もったいないってことないよね」と。

収納術のワナ、その2

「こんなところにしまえるじゃないか、アイディアがすごいよね」と収納可能な場所を見つける楽しさがあります。

さまざまな工夫をして、本来は収納場所ではないところに収納できるようにすると、達成感があります。工夫が生きる喜びです。

収納術は「アイディアと工夫」を最大限に生かせる場面なのです。

20170423収納術、ベッド下
(↑現在のベッド下。コード類がちょっと邪魔。)

ワナである理由とは?

本来なら「満足感、達成感」はモノを手放して、心地よく過ごせることで得られるものです。(経験済みです。)

ところが、収納術を駆使すると「満足感、達成感」を手軽に得ることができるのです。「片付いた部屋で心地よく過ごせる」という幻影を、一瞬ですが見せてくれるからです。

幻影はワナです。

実際、収納できる場所を増やしても、今まで通りの生活をしていたら、モノはすぐにあふれてきます。ワナに気を取られて収納術を駆使していると、モノだらけの中で身動きが取れなくなってしまうのです。

ワナにはまらないためには。

収納術は「蜜の味」だ、と心得ましょう。

「ここに収納ケースを入れれば、この辺のモノがすべて入ってしまうからスッキリするよね」これは、あなたをモノでいっぱいの空間に閉じ込めて身動きさせないために仕掛けられているのです。

いかにもおいしそうですが、近づいてワナにはまると抜け出すのが大変になります。

収納ケースを買いたい、ここに棚を付けたい、と思ったら、モノが多いのではないかと疑ってください。収まりきらなないモノを持っていることを自覚してください。

さくら60のように、身動きがとれなくなってからだと脱出に時間がかかります。身動きが取れなくなる前に、収納術のワナにハマらないように、蜜には近づかない事なのです。

スポンサーリンク


関連記事

コメント

Re: タイトルなし

ドレミさま

そうなんですよ、背中合わせに置いて片方は部屋側から、片方は入り口の引き戸を開けて使うようにしていたのです。素晴らしいでしょ!でも引き戸側はホコリがうずたかく積もってました(^^;

私自身も「これはワナだよ」としょっちゅう言い聞かせています。

コメントをありがとうございました。嬉しかったです。

さくら60 | 2017.04.26 08:18 | URL


こんばんは^^

今日の記事も「うんうん!」ってうなずきながら読ませていただきました。

本棚を背中合わせに💛
なんて素敵なアイデア!!
って思いますもん。^^
(いまだに そういう思考の癖はなかなか抜けないみたいです。)

収納術は蜜の味・・・。

忘れないようにします。

ドレミ | 2017.04.25 21:13 | URL














管理者にだけ表示