ホーム掃除 ≫ 汚部屋の「裏側」には、見事にホコリが積もっていた。ホコリ掃除のビフォーアフター(閲覧注意かも)

汚部屋の「裏側」には、見事にホコリが積もっていた。ホコリ掃除のビフォーアフター(閲覧注意かも)


モノがなくなると「汚部屋の実態」が白日の下にさらされます。今回さらされたのは隅っこに溜まったホコリ

片付けられない女」=「掃除が苦手な女」。多くのモノが部屋の周りを取り囲んでいれば、当然のことながら掃除を簡単にすることはできません。
断捨離掃除後の寝室入り口付近

この画像は断捨離して、掃除してスッキリした寝室の出入り口です。断捨離直後の「ウェ~」というビフォーの画像と、掃除をした後の画像をお楽しみください。(・・・あ、楽しめない方もおられるかもしれませんが)

スポンサーリンク


掃除したのは先ほども書きましたが寝室の出入り口。夫のハンガーラックがあった場所です。

ハンガーラックは、業者への持ち込みをゴミ置き場で待っています。→部屋を片付けて捨てるのはホコリだらけの「過去」。10年手つかずだったら目をつむってゴミとして片付けろ。

ハンガーにかかっていた服は、寝室の収納スペースに移されました。→断捨離で分かった、寝室はクローゼットではなく1つの部屋なのだ。夫、書類の断捨離をほぼ終了(ビフォーアフター2日目)

ハンガーラックを取ったために、見えるようになったのがホコリまみれの壁や引き戸の「さん」。

とにかく「ホコリ、ホコリ、ホコリ」

この場所に限らず、どこもホコリにまみれているさくら60家。以前もホコリの記事を書いています。→埃を何とかしたい。ほこりの原因とホコリ取りを習慣にする方法。

まず、出入り口の引き戸の上部です。上から見下ろしたところです。
寝室上部掃除前

下から見上げたところ。
寝室掃除前見上げる

引き戸の窓枠部分の「さん」。
寝室掃除前引き戸の枠

この画像は小さくしてありますが、大きい画像で見たときには、ぞっとしました。

そして足元の部分。
寝室掃除前下部
ホコリとクモの巣が相まって、ビックリするような状況です。

掃除機でなるべくホコリを吸い取って、そのあとハンディーモップで残ったホコリを吸着し、さらに水拭きをして、ようやくさっぱりしました。

こちらがアフター。

上部。
掃除後寝室上部

窓枠の「さん」。
窓枠寝室掃除後

足元の壁と「さん」。
掃除後寝室下部

隅っこで狭いこともあり、なによりも「何かの裏側」ではないので、とてもスムーズに掃除ができました。

今日の教訓

1 壁際の「さん」は、ホコリがたまっていると覚悟をするべし。

2 手前にモノがある限り、「いつもスッカリきれいにしておく」のは無理だと知るべし。

3 ホコリ掃除の極意を探すべし。

この三つが今日の教訓です。

一番大事なのは、「2」です。

引き戸の前にハンガーラックがある限り、引き戸の「さん」や壁際などは見えません。見えないと、ホコリがたまっていようが、そうでなかろうが、直接、生活に影響を及ぼしません。

ですが、モノが多すぎる影響として、掃除がやりにくくなります。掃除がやりにくかったら、一度たまり始めたホコリはどんどん増殖していくんですね。

つまり、部屋をきれいにしておきたいならとにかく「モノを減らすこと」だと言えます。

モノが無くなれば、その場所自体があらわになります。あらわになって、そこにホコリが見やすくなれば、掃除だって簡単にやれることでしょう。

・・・と上手くいくことを祈っているのですが。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示