ホーム居間、その他 ≫ うぉー、空間ができた。デスク自体の断捨離で部屋が少しは片付いて見える、よね?パソコンデスクの断捨離(5)

うぉー、空間ができた。デスク自体の断捨離で部屋が少しは片付いて見える、よね?パソコンデスクの断捨離(5)


ついに大物のパソコンデスクを断捨離しました。キッチンから見た景色は、白い壁が見えて部屋が片付いてるように見えました。

う~ん、片付いているように見えるだけなんだよね、これが。まずはビフォーです。
パソコンデスクの断捨離(5)7月27日ビフォー

「見えるだけ」の理由は、デスクを取り払っただけで、モノはそのままだからです。

デスクを断捨離する、という当初の目的は達したけれど、これが完成形ではない理由と今後の方向を考えます。

(完成形ではないけれど、白い壁が見える、アフターの画像、あります。)

スポンサーリンク

パソコンデスクはキッチンから正面に見えていて、いくら片付けてもディスプレイや本体が目に入ります。キッチンの片付けが進むにつれ、とても目障りに感じてきました。

そこで、大きなパソコンデスク自体を断捨離して、パソコンをコンパクトにまとめる方法をとることにしました。

一番最初の様子はこちらでお読みいただけます。→キッチン脇にあるパソコンデスクの断捨離に着手。15分断捨離のコツとは?

2回目→「部屋が片づけられない」理由の一つは「モノが適所に置かれていない」事かも。パソコンまわりの断捨離(2)

3回目→あなたならパソコンの机に何を収納する?パソコンデスクを断捨離する(3)

前回→「収納できる量まで片づけたい」時、取説をどうするか。パソコンデスクの断捨離(4)

前回やった時には、まだ、右側の棚の断捨離をしてからデスクを取り払おうと思っていたのですが、ユエあってデスクを先に取り払うことになりました。

で、取り急ぎ、デスクに入っているものを取り出します。

片付いていない方のもの

画像左が右の棚にあったもの。画像右は前回片付けたものです。
パソコンデスクの断捨離(5)7月27日出したもの

右の棚には、電話帳とか、領収書とか、その他家族に必要な情報をまとめて入れています。(ただ、本当に大切なものはここには置かずに夫の部屋の鍵のかかる引き出しに入れています。)

これらは本来なら中身をちゃんと見直して、いる、いらないの判断をしなくてはいけないモノばかりです。

電話帳が本当に要るのか?

領収書が必要になるときがあるのか?

情報は古くなっているものが入っているはずだから見直さなくてはいけないのではないか?

ライトはこんなにいるの?ホコリかぶっているんだけど。

ポスト型の貯金箱。我が家の貯金箱からはいつの間にかお金が無くなっていたことがあって(事情はこちらの記事→全てに対して怒りしかなかった。断捨離で人生は良い方向へ行くのか(5))その後使ってないんだけどどうする?)貯金箱はご法度になっているんですけど・・・。

コード類はいるの?

などなど、問題のあるモノたちなのです。

ですが、今回は問題に目をつむって、とにかく出しました。
パソコンデスクの断捨離(5)7月27日出す
何もないだけでもかなりスッキリ見えるものですね。

パソコンの裏側がヒドイ

コード類はゴチャゴチャで、埃がひどくて、とても大変です。
パソコンデスクの断捨離(5)コード

コード類は外していいものかどうかわかりません。ホコリ掃除をしながら、コードをそのままにして、奥の狭い棚に電話、ディスプレイ、ハードディスク、キーボードをおきます。プリンターだけは取り外しました。

天板と左の棚を取り外したところです。
パソコンデスクの断捨離(5)7月27日途中

その後、夫の部屋から昔、長男が使っていた机を運んできて、あまたのコード類をあっちに寄せこっちに寄せして、ようやく収めることができました。→片付けても片づけても片付かない、と持ち主が嘆くこの部屋の惨状を解決するのに必要なこととは?

アフターです。白い壁がでました。

プリンターと本体は足元に置いています。なんとか収まった、というところです。
パソコンデスクの断捨離(5)7月27日アフター

電話のおき場所に困って、結局元のデスクの右側の棚を台として置きました。その棚に、片付けたものも片づけてないものも押し込みました。

完成形でない理由と今後の方向

電話のある側が玄関です。つまり玄関から見ると、パソコンがドンと見えるのです。一つ目の問題はこれです。

夫の意見を尊重してこの配置になりましたが、今後、位置を変える可能性があります。キッチンからの眺めと玄関からの眺めの両方ともが良いところを見つけたいです。

二つ目は電話をどうするか、です。書類などの収納をどうするかも含めて、電話台をなにか工夫するのか、考えなくてはいけません。

もうパソコン自体はこれ以上減らせませんので、書類などを見直していく、そして、それぞれの「ベターな配置」を見つけていく、というのが今後の方向です。

「パソコンデスクを断捨離したい」と思ってから数か月。ようやくデスク自体をなくすことができました。

思ったほどスッキリ感がでなかった、というのが正直なところですが、それでも白い壁が見えて明るい雰囲気になりました。

大物をなくした充実感を胸に、今後も工夫して「スッキリとした家」を目指します。


「スッキリした家」にしたいなら「大物を断捨離する」と決心するのがコツかもしれない、と、大物を捨てて思うさくら60です。

次回は、断捨離したパソコンデスクが、あの片付かない部屋で使われることになった、という話です。お楽しみに。

スポンサーリンク


関連記事

コメント













管理者にだけ表示