断捨離します。まずは本の断捨離から。「モヤモヤ解消のためにやれるたったひとつのこと」


本を断捨離しました。この後、断捨離したいなと思う頃を順次やっていこうと思っています。

「あれこれやり散らかしで充実感が感じられない、今日もまたやり散らかして一日が過ぎていく」という負のスパイラルから抜け出したいときに、断捨離が効果があることを思い出しました。

片付けも掃除もちゃんとやらず、ブログも更新せずに日々を過ごしてきたさくら60が、ダラダラな日々から脱出できるのか?

手始めに断捨離です。

続きを読む

片付け上手の友人と汚部屋の住人(自分)の違いを検証して「人生」を考える。


友人Mさんの家はいつ行ってもきちんと片付けられています。Mさんと話していて、ようやく汚部屋脱出しかけているさくら60との違いがわかりました。

一言で言えばほぼ逆の行動をとっていた、ということです。

違いを検証します。「汚部屋解消」と「人生をどう送りたいか」の参考になればいいな、と思います。

続きを読む

「今は使ってないけど、いつか使うかもしれない」という汚部屋体質が捨てられないものとは?


気になっているところの断捨離ビフォーアフターです。が、期待通りの結果は得られませんでした。

何もないスペースにするのが目標ですが、「いつか使うかもしれないから捨てることができない」というものが大量にありました。

これを捨てない限り、理想のアフターには届かないんだけれど。

困った。

続きを読む

ワナに注意、収納術は蜜の味。収納ケースを置いたり棚を作ってはいけない理由。


収納付きのベッドを探していませんか?収納ケースを買おうとしていませんか?家具と壁の隙間にを付けて「これでモノが収納できる、なんてすごいアイディアだ」と嬉しくなっていませんか?

「ああ、ここにケースを収められる空間がある」「ここには棚が付けられるよね」と、モノが収まりきらなくなったときに考えますよね。

いわゆる収納術です。カゴやケースを使ってきれいにモノが収まっている様子を想像して、よし、これで汚部屋が脱出できるぞ、と意気込みます。

でも、待ってください。

汚部屋脱出のために四苦八苦してきた経験から、「収納術」というのはワナへと誘う蜜の味だと思うからです。

理由を説明します。

続きを読む

「吹っ切れポイント」がくればどんどん捨てられます。石阪京子著「一生リバウンドしない!奇跡の3日片づけ」(2)


「吹っ切れポイント」とは、今までためらっていた「捨てる」ということに対して、ためらいを捨てられる「ある時点」の事を言います。ためらいから解放されると、それまでと比べると片付けのスピードがグンとアップし、家はどんどん身軽になっていきます。

石阪京子著「一生リバウンドしない!奇跡の3日片づけ」から、具体的な片づけ方が書かれている第3章についてお伝えします。

大切なのは片付けの順番。押入れやクローゼットなどのバックヤードを一番初めにやりなさい、と書いておられます。

えっ、バックヤードって荷物がたくさんある場所ですよね?そんなところから始めて大丈夫なんでしょうか?

続きを読む